東京都のピアノ教室には、大手の楽器店が経営しているところ、カルチャー教室の中のクラス、個人の先生が運営している教室など、さまざまな種類があります。その種類によって、料金体系は異なります。ピアノを習う場合には、毎月のレッスン料の他に、楽譜代、発表会費、施設使用費などがかかります。また、レッスンする曲のレベルが上がるとレッスン料が高くなっていくのが一般的です。個人レッスンか、グループレッスンかでも料金は異なります。発表会費はどんな会場を使うかによっても料金が異なります。月のレッスン料や発表会費は毎月関わってくることですので、東京都のピアノ教室でレッスンを始める前にはしっかり確認しておきましょう。できれば、複数の教室の料金を調べて相場を知っておくことも大切です。

東京都のピアノ教室のレッスン料の料金体系

東京都のピアノ教室は、大手の楽器店が経営する教室、カルチャー教室、個人教室に大きく分類することができます。レッスン料の支払方法は、月毎のレッスン回数が決まっており、月初めにその月の分、あるいは前の月の終わりの翌月1ヶ月分のレッスン料金を支払う月謝方式が一般的です。ただし、カルチャー教室の場合は、3ヶ月単位で10回などのレッスン回数が決まっていることが多く、レッスン料の支払も3ヶ月10回分をまとめて支払う形式になります。その他に、1回レッスンに行く度に決まった金額を支払う都度方式、数ヶ月有効のチケットを事前に購入して、レッスンに行く度にチケットを持って行くチケット制などの方式があります。基本的に、毎週きまった曜日あるいは時間に通えるなら、月謝制が最もお得なことが多いです。

ピアノ教室に支払う料金の注意点

東京都のピアノ教室に入る場合、月々のレッスン料以外に楽譜代や発表会費などがかかることがあります。楽譜代は、新しい楽譜を購入する時に必要で、不定期です。発表会は、教室によって1年毎や1年半毎、2年毎などに周期が大体決まっており、出演費や指導料などを含めて請求されます。大抵、数回に分割して支払うことが多いです。発表会をどの規模の会場で行うのか、頻度はどのくらいかによって、負担は大きく違います。また、発表会に出演する場合は、衣装も考慮しなければなりません。教室によってはドレス着用のところもありますし、普段着のところもあります。ピアノ教室の先生の考え方一つですので、東京都でピアノ教室を探す場合は、発表会についても視野に入れて検討することがおすすめです。

創業24年の伝統ある総合音楽教室です。 小さなお子様から大人まで、初心者から上級者まで、楽しく目標を持って学んでいただける総合音楽教室です。 ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルート、声楽・ボイストレーニング、作曲、ここでは音楽を幅広く学ぶことができます! 教室は都営新宿線「船堀」からすぐ近くにあり、好アクセスです。 ピアノ教室を東京都でお探しならこちら